専門のクリニックで行うAGA治療法の種類

大きな病院でのAGAに対する治療法は大きく分けて3つの判断がされます。発毛、現状経過観察、育毛の3種類で、薄毛の進行具合によって判断されます。各治療法では目的が異なっている部分も多く、判断が難しいこともあります。それに対して専門のクリニックではどのような治療を行って改善を図っていくかを、とてもわかりやすく説明してくれます。単純に発毛といっても多くの方法があり、薬を服用するにもたくさんの種類からより効果的なものを症状に合わせて案内してもらえます。どのくらいの期間で効果を感じられるかも案内してもらえるため、AGA治療に前向きになれる方も多くなっています。

 

薬での治療では、プロペシアというAGAに効果が期待できるものを処方することが多く、症状や体質などを判断して服用する量や期間を案内してもらえます。半年ほど服用を続け、その後の経過を見ることとなりますが、半数以上の方が効果を実感できているデータもあり、AGAに対するプロペシアの有効性を確認できるものとなっています。

 

直接頭皮に治療を施すものでは育毛メソセラピーというのがあり、治療薬を皮下組織に直接注入するものとなっています。内服薬で大きな効果が見られなかった方への治療として行われることが多く、毛根近くに注射をすることでより大きな効果を期待するものとなっています。AGAの治療法はたくさんの種類がありますが、どの方法でも効果を実感できるまでに数ヶ月間かかります。長期的に改善を図ることが大切となるため、医師との相談が必要不可欠です。AGA治療と併用してヘアレーザーX5を使っている人も多いです。低出力のレーザーが育毛剤の浸透や効果をサポートすると言われています。

AGA治療薬にも少ないながらも副作用がある

薬には副作用がつきものです。AGA治療薬も例外ではありません。ですが医師の判断によって処方される際には、深刻な副作用に悩まされる心配はないので、適量を守って服用する分には安心することができます。AGA治療薬としてはプロペシアやミノキシジルが処方されますが、このような治療薬の副作用はそれほど深刻なものではありません。頭皮のかゆみやかぶれなど皮膚の炎症や湿疹が起きる可能性がありますが、それほど多くの方に見られるものではなく、症状を感じた方も非常に軽いものとなっています。

 

ホルモン分泌量の変化や血流の促進などで、かゆみを感じやすくなるため起こるものとも言え、このような症状が確認されたからといって服用を中断する必要もありません。不安な時には医師に相談することをおすすめします。また医師の判断により血圧異常のある方には処方することを控えるようになっています。以前高血圧の治療薬であったAGAの薬もあり、他の薬との併用で血圧が下がりすぎてしまう可能性も考えられます。

 

処方される前に医師から服用中の薬について聞かれることとなるため、このような副作用については事前に予防することができます。AGAの薬の副作用が発生してしまうことは少ないものとなっていますが、服用後異常を感じたら速やかに医師に相談することが必要です。思いがけないことが要因となって起こることもあるので、心配な際には十分に相談を行うことをおすすめします。