ミノキシジルは頭頂部の薄毛に有効な育毛剤

頭頂部や前頭部の薄毛は男性ホルモンが大きく影響していると言われています。男性ホルモンであるテストステロンは頭皮の毛乳頭内で5αリダクターゼと呼ばれる還元酵素によって脱毛因子であるデヒドロテストステロンに変わります。このデヒドロテストステロンが毛乳頭細胞内で受容体と結びつき退行誘導因子を生成、毛乳頭や毛母細胞の活動を弱め、抜け毛や薄毛といった症状を引き起こします。

 

男性ホルモンの受容体は後頭部にはほとんど見られず、ヒゲや頭頂部、前頭部の生え際に存在します。成人男性によく見られる薄毛(AGA)は男性ホルモンが大きく影響していると言われ、特に若い内から抜け毛や薄毛の症状があらわれた場合は男性ホルモン受容体の影響を受けやすい体質であるとされています。

 

男性ホルモンの影響による薄毛の対策としてはまず5αリダクターゼの分泌を抑えることが重要とされ、育毛剤を使用する際には男性ホルモンを抑制させるタイプのものを使用することが適切とされています。また、AGA治療薬として用いられるミノキシジルは頭頂部の薄毛に最も高い効果を発揮するとされているので、抜け毛や薄毛の症状の改善をはかる場合はミノキシジル配合の育毛剤を使用すると良いでしょう。

 

外用薬を使用するのであれば、最初の内はミノキシジル含有量がなるべく低いものを使用することをおすすめします。男性ホルモンの働きを抑制するには規則正しい生活と栄養バランスの取れた食事も有効とされています。中でも亜鉛は男性ホルモンの働きを抑える作用があるとされるので、食生活やサプリメントなどで上手に摂取していくと良いでしょう。ヘアレーザーX5の併用も良いですね。

ミノキシジルはm字ハゲにも効果はある?

額の生え際がどんどん後退していくm字ハゲ。m字ハゲの原因には頭皮の硬化による栄養不足が関係していると言われています。頭皮の硬化は血管を萎縮させ、血行を悪くするといった状態を招きます。血行不良は毛細血管から毛母細胞に十分な栄養を供給することができなくなり、抜け毛が増える、地肌が透けて見えるなどの症状を招いてしまいます。

 

頭皮は細い血管が入り組んでいるため血管の萎縮や血行不良は頭頂部や額の生え際の薄毛に大きな影響を及ぼしてしまいます。抜け毛や薄毛の対策として育毛剤の使用が一番ポピュラーなものと言えますが、髪のトラブルの解消には自分の症状に合わせた育毛剤の使用が望ましいとされています。男性型脱毛症の治療薬として用いられるミノキシジルは頭頂部の薄毛はもちろん、m字ハゲにも効果があるとされる成分。

 

インターネットでは「m字ハゲには効果がない」と言った噂もよく見かけられますが、これは前頭部は血流が悪いので頭頂部よりも不向きであるといったことが理由とされています。現在では額の生え際への効果を示唆する育毛剤も多く、特にミノキシジル配合のものは育毛の効果が期待できるとされているので薄毛の進行を防ぐ対策の一つと言えるでしょう。

 

個人差がありますが、大体2ヶ月〜4ヶ月で効果があらわれ、使用を続けることで薄毛を改善することができるとされています。m字や頭頂部の薄毛の症状を改善したい方や薄毛の対策を始めたいといった方はぜひミノキシジルをチェックしてみてください。