女性男性型脱毛症(FAGA)になりやすい人はストレスが多い人

最近、女性男性型脱毛症、いわゆるFAGAになりやすい人は、ストレスが溜まっている人だと言われています。なぜ、そういう人は、女性男性型脱毛症(FAGA)になりやすいのでしょうか?ストレスが溜まると女性ホルモンが減少してしまい、髪の毛の艶やボリュームがなくなってしまうとよく言われますよね?それは、自律神経が乱れることにより、血行不良で、髪の毛根までタンパク質などが行きわたらくなるからです。

 

中高年の女性の場合は、加齢により女性ホルモンが急激に減少し、FAGAになるという理由もよくわかりますが、今は、中高年の女性だけではなく、20代、30代の女性にもFAGAが増加してきていると言われています。やはり、20代、30代の頃は、仕事や育児、家事等忙しくて自分の時間を作ることが出来ず、イライラを晴らせず、いらいらをそのまま溜めてしまうからです。

 

また、美容を気にするばかり、過度なダイエットをしてしまい、タンパク質など髪の栄養分を補うことが出来ず、薄毛になってしまうと言うこともありますが、そのダイエットも食べたいものを我慢しなければならないという欲求不満からストレスになってしまうこともあります。

 

つまり、女性ホルモンの乱れは、生活習慣やストレス、ダイエットなどにより自律神経に影響を与え、そして、男性ホルモンとの調和を崩す原因になり、女性男性型脱毛症と言う症状を引き起こしてしまう結果になってしまうのです。ですので、出来るだけ、生活習慣を見直し、ストレスを溜めないように心がけるようにしましょう。そうすることで、美しい髪の毛に改善することができますよ。

生活習慣の改善&育毛剤を使ってFAGAを治療しよう

毎朝、鏡を見ると「髪の毛が薄くなったというよりも何だか地肌が見えてきた感じがするなあ」「もしかして、これって薄毛?それとも男性と同じAGA?どうしよう?ここままだとはげちゃうの?」って、不安になってしまいますよね?確かに女性にとって黒々とした艶のある髪の毛って魅力的だし、昔から「髪は女性の命」とも言われているほど女性らしさを引き出すものはありません。その髪の毛が抜けてしまったり地肌が見え出すと不安や悩みの種になってしまいます。

 

でも、その不安や悩みは、生活習慣を改善したり女性専用の育毛剤で治療することができます。地肌が見えるようになる症状は、男性のAGAと同じもので、女性の場合はFAGAと呼ばれます。FAGAに効果がある育毛剤を使って治療しましょう。ここで間違ってはいけないのが、ドラッグストアなどに売られているものです。

 

今まで脱毛と言うのは男性しか考えられていなかったため男性の育毛に効果がある成分で作られています。例えば、フィナステリドです。これは、男性のみ使用可能で女性は服用することが出来ません。

 

女性用は同じ働きを持つミノキシジルを含んだものを使っての治療法になります。ミノキシジルは、血管を拡張するため血行を促進させる作用があるため、FAGA治療に用いられています。血行が良くなれば、その分、髪の毛根の奥の奥まで栄養分が行きわたりますよね?ただし、本当にFAGAであるのかどうかを確かめるために、最初に行うことは、専門病院で検査をすることです。